スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしにできること 

この物語は、南アメリカの先住民に伝わるお話です。


森が燃えていました。
森の生きものたちは われ先にと逃げていきました。

でもクリキンディという名のハチドリだけは、
いったりきたり
口ばしで水のしずくを
一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます。

動物たちがそれを見て
「そんなことしていったい何になるんだ」
といって笑います。

クリキンディはこう答えました。

「私は、私にできることをしているだけ」


人類は今、おそらくその歴史が始まって以来、
最も大きな壁にぶつかっています。
地球温暖化という大問題です。
ハチドリのお話に出てくる燃えている森は、
実は地球のことなのです。
刻々熱くなっていく私たちの地球を、
どうしたら冷やすことができるのでしょうか。


『私にできること-地球の冷やしかた-』(ゆっくり堂)より

焼け石に水ということわざのように、熱くなりすぎた地球を冷やすことはとても大変なことかもしれません・・・

でも今からたくさんの人がハチドリの一滴のように、地球にいいことを少しずつ始めれたら地球の熱さを冷やすことが出来るかもしれません

私もハチドリみたいに一滴ずつ自分にできることをやっていこうと思います!!
浄心店  田中

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hairdo.blog78.fc2.com/tb.php/265-30796b35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。